PROFILE― プロフィール ―

安東由美子

あんどうゆみこ

  • シンガーソングライター
  • ラジオパーソナリティ
  • 広島県広島市出身
  • 3月15日生まれのAB型 身長155センチ

性格:明るいが、極度の人見知りでなじむまで時間がかかる。自称ファザコン。

特技:暗記

学生時代をテニス一筋で過ごし、中学生では広島県の大会で2位の成績を残し、高校生まで続ける。

姉が聞いていた1980年代の歌謡曲に夢中になった事を忘れられず、音楽の近くにいたいという理由から、高校卒業後上京し、音楽プロダクションに入社。経理の経験が長い。

【活動履歴】

ある日、大切な上司であり友人との別れを迎える。完全なアカペラでのちに、佐久間正英プロデュースとなる作品「9月の風」を制作。

2011年初めて、カバー曲のみでピアノのコードを丸暗記しライブへ出演。

作詞、作曲は必ず自分ですることを前提と決め、2011年9月「平凡ガール」で全国デビュー。

同時期に、ラジオパーソナリティを開始。

直後に、急性喉頭蓋炎を発症。人生初の入院を経験。

2012年3月15日に初のワンマンライブを自身の誕生日に開催。渋谷7thFLOORにて100名を完売。

2012年4月に発表した佐久間正英プロデュース「ホームランは狙わない」がUSENの上位にランクインされ、bayfmのパワープッシュに選ばれスマッシュヒット。同年、全国47都道府県フリーライブを開始。

2012年6月 渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて初のホールコンサートを開催し、350名を動員し完売。

2012年9月 1stアルバム「年齢制限」を発売。

発売記念ライブとして渋谷duo music exchangeにて開催し完売。

2012年10月 持病の悪化により、活動の引退を発表。

2014年に活動を再開。

活動再開後は、セルフプロデュースに移行しプロデューサーを離れ編曲も行う様になり、2016年5月に約4年ぶりとなるミニアルバム「スポットライト」を発売。

直後に二度目の急性喉頭蓋炎を発症。

2015年より、ギターを、2016年にブルースハープも始めた。

2017年3月 持病の再発により、無期限活動停止を発表。

同年5月、持病の回復により、2017年6月より活動の復帰を発表し、持病も完治したことを報告。

ラジオは、関東で「FM-FUJI」、関西で「和歌山放送」の2局同時にパーソナリティを担当した。

2017年末に、慢性硬膜下血腫を発症。再び活動を全て中止し、手術、静養の為、無期限活動停止を発表。

その後、2018年末を持って、会計、税務に専念する為に安東由美子としての活動終了を発表した。

2019年7月に、同郷の友人の為にライブを約2年ぶりに行う事を公表。

このライブをきっかけに、活動名を安東由美子からあんどうゆみこへ変更することを公表。

また、2011年3月に起きた東日本大震災において継続的に自ら、主催イベントを行う中で、2011年10月に石巻で行われた、嘉門達夫、泉谷しげる等が主体となったイベントにオープニングアクトとしても出演した。

【影響を受けたアーティスト】

寺尾聰、吉田拓郎、奥田民生、THE ALFEE、YO-KING、GOING UNDER GROUND、柴田淳